マッサージ

サプリと合わせて実践したいマッサージ方法

マッサージ方法

 

ピンキープラスの効果をさらに高めたい方必見のマッサージ方法をご紹介します。

 

特に難しいものではありませんし、5分程度で終了するマッサージ方法なので実践してみてください。

 

ピンキープラスとマッサージは併用することで相乗効果でさらにバストアップの効率は高くなりますよ。

 

マッサージの目的は

 

血行を良くする
女性ホルモンアップのツボを刺激
バストの形を整える

 

になります。

 

ピンキープラスを飲みながらバストアップマッサージをすることで、血行がよくなります。

 

サプリの成分は胃で溶けて吸収され、血液の流れにのってバストに届けられますので、バスト周辺の血行が悪いと成分がバストに届きません。

 

したがって、血行をよくしてピンキープラスの成分をバストに届けるためにもバストアップマッサージをしたほうが、バストアップ効率は高まります。

 

バストアップマッサージといっても、決してバスト自体を揉みこむわけではありません。

 

バストの揉みこみは脂肪燃焼されてバストのダイエットに繋がります。

 

  • まず鎖骨と肩の骨のくぼみに当たる位置を、人差し指、中指、薬指を使って少し推すような感覚でなでていきます。

 

鎖骨

 

首周辺のリンパのめぐりがよくなります。

 

少し痛みを感じる程度になでていきましょう。

 

この場所をマッサージする目的は、デコルテに脂肪をつけることです。

 

バストだけが大きくなってもデコルテのふっくら感がなければバストは大きく見えません。

 

  • 次は脇の下から下乳に向かって少し推しこむような感じでなでていきます。

 

わきの下

 

わきの下のリンパの流れをよくしてバストの血液の循環をよくしてあげます。

 

  • 最後に下乳に手を添えバストの上(乳首より上の膨らみ部分)を優しくさすります。

 

上部をなでる

 

これを入浴後に3〜5回ほどやってあげましょう。

 

バストアップマッサージはバストを揉みこんだり、ゆすることではありません。

 

先にも書きましたがバストの揉みこみはサイズダウンに繋がりますし、ぶるぶるとゆすってしまうとバストを支えているクーパーじん帯が傷ついてしまいます。

 

クーパーじん帯が傷ついてしまうとバストはどんどん垂れてしまい、修正が効かない状態になってしまいます。

 

一度切れたじん帯は元通りに戻すことができないのですね。

 

ピンキープラスを飲みながら毎日バストアップマッサージを行うことでバストの形は整えられサイズもアップしていきますよ。

 

マッサージをしました

 

私も毎日、入浴後にバストアップマッサージをしていましたが、5分程度で終わってしまうので特に面倒になるということもありません。

 

ピンキープラスを飲むのをやめてからも、マッサージだけは毎日続けて血行を滞らせないようにしていますよ。

 

実際にマッサージをしはじめると、最初は痛みがありますが、痛みがあるのは、血液の循環が悪くなっているためです。

 

痛みが無くなる頃には、血液循環もよくなるので、バストがふっくらしてくるのを実感しましたよ。